「ヒュウガトウキ」はその名の通り「日向(ひゅうが)の国」九州南部、高千穂一帯にて、昔から「神の草」などと呼ばれ密かに愛用されてきた薬草です。俗名で「日本山人参」とも呼ばれています。 歴史は古く、江戸時代には門外不出の不老不死の秘薬とされていたといいます。 健康維持に効果のあるいろいろな有効成分があることが判っており、生薬として厚生労働省の認可も出ていますが、その効果、効能については現在も研究が続いています。